不正咬合の主な症例

photo 「歯並びの悪さが気になって人前で口を開けたくない…」。このように歯並びの悪さを気にされている方は数多くいらっしゃいます。歯並びが悪く、上下の歯列がきちんと噛み合わない状態を『不正咬合』といいます。主に以下のような症例があります。

叢生 八重歯、乱ぐい歯など凸凹の状態
上顎前突(出っ歯) 上の前歯が大きく前に傾斜していたり、歯全体が前に出ている状態
下顎前突(受け口) 下の歯が上の歯より前に出ている状態
開咬 歯が上下で噛み合わず、前歯が空いている状態
過蓋咬合 上下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えないほど深く咬み込んでいる状態
空隙歯列 顎の大きさに比べて歯が小さい、数が少ないなどの原因により、隙間の多い状態

このような悩みを解決し、歯並びをきれいにするのが『矯正歯科』です。矯正治療を受ける方の多くは、見た目の悪さを改善するという目的をお持ちです。確かにそれはとても大切なことですが、歯並びの悪さが影響するのは見た目だけではありません。以下にあげるように、全身の健康にまで影響を及ぼすのです。

不正咬合が全身に及ぼす影響

① 噛み合わせが悪いため噛むときの力が偏り、顎の関節に負担がかかる
② 噛み合わせが悪いため十分に咀嚼できず、消化器官に負担がかかる
③ 話すときに歯の隙間から空気がもれたり、舌の動きが制限されるなど、発音しにくくなる
④ 出っ歯や受け口などの症状があると上下の顎にずれが生じ、顔貌が変化する
⑤ 噛み方が偏るため、顎の骨格が少しずつずれて首や肩の筋肉疲労を招き、頭痛、肩こり、腰痛などの原因になる
⑥ 乱れた歯並びのため十分に歯磨きできず、虫歯や歯周病の原因になる
⑦ 歯並びを気にして満足なコミュニケーションができず、精神的な負担になる

目立たない矯正装置

photo photo 一般的に矯正治療は、ブラケットとワイヤーを装着し、数年かけて歯を移動させる治療方法、として認識されています。そのせいか、装置が目立つから矯正治療を受けるのがためらわれる、という方もいらっしゃいます。

しかし現在では、ブラケットが白や透明のもの、透明のマウスピース状のものなど、目立たない装置が開発されているので、人目を気にせずに矯正治療が受けられるようになりました。

とくにマウスピース矯正は、ブラケットなどに見られる突起がないので目立たないという点で優れており、若い女性からの人気が高くなっています。

このように、目立たないものを含め装置にはさまざまな種類がありますが、症状によっては使用できないものもあります。歯科医師と相談し、ご自分に合った装置を選びましょう。

clinic
clinic_photo
data 所在地:千葉県市川市欠真間2-26-6
連絡先:TEL:047-356-3518
診療時間:
平日:9:30~13:00 / 14:30~19:00
土日:9:30~13:00 / 14:00~17:00
休診日:金曜・祝日
アクセス:東京メトロ東西線 南行徳駅徒歩5分
矯正歯科説明会のお知らせ
当院では、矯正歯科に関するご相談を随時受け付けております。お問い合わせはこちら
アクセス方法を見る