ワイヤー矯正とは

photo 『矯正』といえば、歯に目立つ金属がついている様子を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。このように歯につける装置を『ブラケット』といい、ブラケットにワイヤーを通して少しずつ歯を移動させる治療方法を『ワイヤー矯正』といいます。いろいろな症例に対応できる装置なのですが、ブラケットが目立ってしまうというデメリットがあります。このようなデメリットを軽減するため、開発が進められ、最近では目立たない装置が誕生しています。

装置の種類によって特徴やメリット・デメリットが異なるので、歯科医師と相談のうえ、ご自分の症状やライフスタイルに合った矯正装置を使用しましょう。

矯正治療の一般的な流れは、下記のようになります。

初診相談、カウンセリング step1 所用時間 約30分〜60分 初診相談、カウンセリング 治療の必要性や適切な開始時期、予想される治療方法や使用する装置、治療期間や費用について説明いたします。

検査 step2 所用時間 約60分 検査 治療計画を立案するために、必要な歯型の採取、顔面や口腔内の写真の撮影、レントゲン写真の撮影、咬合、むし歯、歯周組織の検査や問診などを行います。

治療計画のご説明 step3 所用時間 約30分〜60分 治療計画のご説明 検査結果が出たら、患者様に合った治療計画を詳細に説明いたします。治療方法や装置の選択ができる場合、それぞれのメリットやデメリット、治療期間や費用の違いなどについて丁寧にお話しいたします。不明点や不安なことは遠慮なくご質問ください。矯正治療は費用や時間をかけて行うものなので、納得できる治療方法を選ぶことが大切です。

装置装着、口腔ケア指導 step4 所用時間 約30分 装置装着、口腔ケア指導 治療計画に納得いただいたうえでご契約いただければ、治療を開始いたします。まずは装置をつけていただき、むし歯や歯周病を予防するための歯磨き指導を受けていただきます。装置をつけていると磨きにくくなり、衛生管理が難しくなるので、細部まで丁寧に口腔衛生についての説明をいたします。矯正治療中の口腔ケアはとても大切なので、ここでしっかりと習得しましょう。

矯正治療期間 step5 通院頻度 3~6週1回 矯正治療期間 通常は3~6週間に1回の割合で通院が必要となります。治療の段階によって通院頻度は異なりますが、予約日に来院いただけないと治療の進行が遅れることがあるので、その都度予定を確認し、スケジュールに沿ってしっかり通院しましょう。

保定期間 step6 通院頻度 2~6ヶ月1回 保定期間 通常は3~6週間に1回の割合で通院が必要となります。治療の段階によって通院頻度は異なりますが、予約日に来院いただけないと治療の進行が遅れることがあるので、その都度予定を確認し、スケジュールに沿ってしっかり通院しましょう。

ワイヤー矯正装置の種類と特徴

ワイヤー矯正の代表的な装置は以下のものになります。

photo メタルブラケット 歯列矯正に多く用いられる一般的な治療法で、歯の表側に金属製のブラケットをつける装置です。
ブラケットが目立ってしまうというデメリットがありますが、金属の特性を活かし、薄く丈夫にできています。また、他の装置に比べて比較的低価格で治療を行えます。
見た目にはあまりこだわらない、治療費や通院回数を抑えたい、という方に最適の装置です

メリット

  • 一部を除き、ほぼすべての症例の治療が可能
  • 治療費が比較的低価格

デメリット

  • 金属が銀色で目立つ
  • 金属アレルギーの方には不向き
  • 治療の過程で使用する針金やゴムにより違和感や不快感を覚えたり、口内炎になることがある
  • 慣れるまで食事や歯磨きがしづらい

photo クリアブラケット 透明感のある素材でできており、いろいろな色調の歯と調和するので、装置自体が目立ちません。

メリット

  • 目立たない
  • 歯の移動に伴う痛みが軽減できる
  • ブラケットとワイヤーの間の摩擦を軽減したことで歯の移動がスムーズになり、治療期間が短縮される
  • 欧米人より歯や顎の小さい日本人のために国内で開発されたため、生体に無理なく治療が進められる

デメリット

  • 変色することがある
  • 金属製のものに比べ、多少強度が弱い
  • 金属製のものに比べ、費用がやや高い

セルフライゲーションブラケットワイヤーとブラケットの間の摩擦を、従来の矯正装置より軽減させた装置です。痛みを緩和でき、効率的な治療が可能です。

メリット

  • ワイヤーとブラケットの摩擦が軽減され、痛みが少ない
  • 効率的に歯の移動ができ、従来の装置より通院頻度が減少する

デメリット

  • 従来の装置と比べ、装置のサイズが大きい
  • 従来の装置と比べ、費用がやや高い

裏側矯正歯の裏側に装着するブラケットで、表からは見えないので人目を気にせずに治療できますが、特殊な装置なので、治療をする歯科医師の経験が必要となります。

メリット

  • 周囲の人に気づかれにくい
  • 歯の裏側は虫歯になりにくい特性があるため、表側矯正よりも虫歯になりにくい
  • 舌癖(舌で歯を押す癖)が改善されやすい

デメリット

  • 治療経験や技術がある歯科医師が少ない
  • 慣れるまで違和感を覚えたり、発音がしにくい場合がある
  • 表側矯正の装置と比べ、費用がやや高い

ハーフリンガル矯正表側矯正と裏側矯正とを併用した治療方法で、上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に装置をつけます。

メリット

  • 人目につく上顎は、歯の裏側に装置をつけるので目立ちにくい
  • 話すときに舌があたる下顎は表側装置なので、発音の邪魔になりにくい
  • 裏側矯正の装置と比べ、費用が安い

デメリット

  • 裏側装置同様に、治療経験や技術がある歯科医師が少ない
  • 表側矯正の装置と比べ、費用がやや高い
clinic
clinic_photo
data 所在地:千葉県市川市欠真間2-26-6
連絡先:TEL:047-356-3518
診療時間:
平日:9:30~13:00 / 15:00~19:30
土曜日:9:30~13:00 / 14:00~18:00
日曜日:10:00~13:00 / 14:00~17:00
休診日:金曜・祝祭日
アクセス:東京メトロ東西線 南行徳駅徒歩5分
矯正歯科説明会のお知らせ
当院では、矯正歯科に関するご相談を随時受け付けております。お問い合わせはこちら
アクセス方法を見る