小児矯正について

  • ホーム  >  
  • 小児矯正について

お子様の矯正治療child

お子様の矯正治療

「歯並びが悪い」「前歯が咬み合っていない」「出っ歯や受け口になっている」など、お子様の歯並びで悩んでいませんか?医療法人社団AMCでは、お子様の歯並びに対する小児矯正治療もおこなっております。
矯正治療は大人になってからおこなうよりも、お子様のうちから始めることで無理なく自然に歯を並べることができます。お子様の歯並びでお悩みの方は当法人へご連絡ください。

お子様の矯正治療の3つのメリット

お子様の矯正治療の3つのメリット

お子様のうちに矯正治療をすると次のようなメリットがあります。

歯を抜くリスクを抑える

歯並びは顎の大きさに影響されることが多いです。大人になってから矯正治療をおこなう場合は、顎の成長が止まっていることが多いため、歯を動かすスペースを確保するために抜歯することがあります。しかし、お子様の矯正治療では顎の成長に合わせて歯並びを調整できるため、歯を抜くリスクが少なくなります。

成長に合わせた矯正治療

お子様から大人へ成長する過程で、乳歯から永久歯への生え変わりがあります。お子様の間は生え変わりの時期に合わせて矯正治療をおこなうことで、永久歯が正しい位置に生えてきます。また、大人の歯に比べてお子様の歯の方が、歯の動きが早いという傾向があるため、矯正治療の期間が短くなることが多いです。

歯並びを気にしない思春期

思春期は、お子様も多感な時期を迎えます。子どものうちから矯正治療を始めることで、思春期に歯並びがコンプレックスとなることが少なくなります。歯並びが整うことで、口腔内の健康だけでなく心身の健康や成長にもプラスになることでしょう。

小児矯正のポイント

小児矯正のポイント

大人の歯科矯正治療と比較して、お子様の矯正治療は歯を移動させやすいため矯正治療にかかる治療期間が短時間で済みます。また、乳歯列期から永久歯列期への移行の際に、矯正治療をおこなうことで正しい位置に歯を萌出誘導することができます。これらの事情を考慮すると、大人の矯正治療よりもお子様のうちから矯正治療を始めることをオススメしております。成長の過程で顎の成長が不十分だと推測される場合は、歯列の幅を広げる拡大床矯正治療をおこないます。さらに、歯への負担が少ないマウスピース矯正治療にも対応しているため、お気軽にご相談ください。