マウスピース型矯正装置
(インビザライン)

  • ホーム  >  
  • マウスピース型矯正装置(インビザライン)

目立たないマウスピース矯正治療invisalign

目立たないマウスピース矯正治療

南行徳・西新宿にある医療法人社団AMCでは、インビザライン矯正治療やiGOシステム矯正治療に対応しております。インビザライン矯正治療とは、目立ちにくい矯正治療で取り外しができるマウスピース型の装置を使用します。iGOシステムもインビザライン同様に目立ちにくい矯正治療ですが、部分的な矯正治療にも対応しています。このページでは、インビザライン矯正治療とiGOシステム矯正治療について紹介していきます。

インビザラインの特徴

インビザラインの特徴

インビザラインとは、目立ちにくいマウスピース矯正治療です。インビザラインには次の特徴があります。

取り外し可能

インビザラインはマウスピース型の矯正装置です。取り外しができるため、食事をするときや人前に出るときなどに矯正器具が気になることがありません。日常生活を今までと同様に送ることができます。

通院回数が決まっていない

インビザラインは、歯科医師と患者様の状態を診て通院間隔を決めます。通院間隔は柔軟に対応することができるため、患者様に負担が少ない環境で治療を進めることが可能です。

衛生的な管理

インビザラインは、取り外しできる矯正装置なので歯磨きなど口腔ケアを十分におこなえます。結果的に口腔衛生状態を良好に保つことができ、虫歯や歯周病など口腔疾患の発症リスクを下げることができます。

インビザラインの治療の流れ

インビザラインの治療の流れ

インビザラインの治療の内容と流れを紹介いたします。

精密検査・治療計画

患者様の口腔内をていねいに検査します。その結果を元に歯科医師が治療計画を立案していきます。治療内容に同意していただいたら、インビザラインを製作いたします。
当院では、3Dを使用してわかりやすい治療計画の立案を心がけております。

インビザラインの装着

患者様の手元にインビザラインが届いたら、毎日装着していただきます。
おおよそ2週間ごとに交換して、2ヶ月ごとに治療の進捗を確認させていただきます。

保定期間

インビザラインの治療が終了した後、移動した歯が安定するように保定という処置をおこないます。

iGOシステムについて

iGOシステムについて

iGOシステムは、前歯部を対象にした部分歯科矯正治療の一つです。マウスピースを使った矯正治療なので、他人から目立ちにくく取り外しができるという特徴があります。軽度の歯列矯正治療や前歯部を対象にした部分矯正治療に適している治療法です。

iGOシステムのメリット

iGOシステムには次のメリットがあります。

目立ちにくい

iGOシステムでは、透明に近いマウスピースを使用するため、他人から装着していることがわかりにくいです。

部分的な矯正治療ができる

iGOシステムは、前歯部であれば部分的な矯正治療に対応しております。

取り外しが可能

iGOシステムは、食事をするときや歯磨きをするときに取り外しができます。そのため、食事をするときの煩わしさや歯磨きがしにくいということはなく、口腔内を衛生的に保つことができます。

iGOシステムに関する質問

iGOシステムには次のような質問をいただきます。回答も合わせてご案内いたします。

治療できる範囲は限られますか?

A.前歯部(第一小臼歯から第一小臼歯)のみの治療です。詳しくは歯科医師へご相談ください。

治療期間はどれくらいですか?

A.基本的には半年から1年間です。しかし、患者様ごとに治療期間は異なります。

年齢制限はありますか?

A.年齢制限はありませんが、歯並びの状態を診て治療が適用されないこともあります。